CHIKYUGI

MENU

Scroll

CHIKYUGI for the future

未来を想う「地球樹」

伊藤忠建材は、
「地球樹(CHIKYUGI)」事業を推進します。

かけがえのない地球を守り、
豊かな自然環境を子孫たちへ残すことは、
行政、企業、個人を問わず、
私たち一人一人の努力に掛かっています。
森の樹々がもたらしてくれる
さまざまな恵みに感謝し、
人類の生存に不可欠な森が
豊かに力強く育つことを願う
「地球樹」をご紹介いたします。

「地球樹」事業の取り組み

「地球樹商品」の普及

環境に配慮した製品を積極的に取り扱います。

住宅建築やビル建設等で使用される建材を、より環境負荷の少ないものに替えていくために、環境配慮型の「地球樹商品」を選定し、提案いたします。具体的には、当社開発の環境配慮型オリジナル建材や、メーカー様・グループ会社との共同開発を推進し、「地球樹商品」の普及を積極的に推進いたします。

地球樹商品を見る →

「地球樹活動」の推進

社員全員参加の環境配慮活動を「地球樹活動」と呼び、推進します。

環境問題への取り組みは企業経営の重要課題であると同時に、企業の社会的責任として遂行すべき課題です。伊藤忠建材は、今後「地球樹」事業の積極的な推進を通じて「安心できる住環境づくりと地球環境への貢献」を目指します。

「地球樹活動」森づくり →

「地球樹」商品コンセプト

「地球環境を考えた商品の創造的な企画・提案・提供」です。

CO₂削減など、地球環境を守り、森林の健全な育成と持続性をもたらす製品、
さらに私たちの暮らしに安全と安心を提供してくれる製品を「地球樹商品」として企画・提案・提供いたします。

  • 森を守る製品・システム

    CO₂削減に貢献する製品・システム

    森を守る資源循環型の製品(植林木製品、間伐材利用製品等)

  • 資源を有効活用した製品・システム

    森の資源を最大限に活用した製品
    (未利用材製品、バイオマス、繊維版等)

    地域の資源と技術が活かされた製品
    (建具、床材、造作材等)

    機能性、デザイン性、ストーリー性に優れた新しい環境配慮型の製品

    リサイクル製品

商品ラインアップ

建物のさまざまな部分で環境配慮できます

地球樹の森づくり

地球樹の森とは

  • 私たち自らの手で、ブナの森づくりを行っています。

    私たちは、環境配慮型商品の普及促進と環境配慮活動により積極的に取り組むために「地球樹(CHIKYUGI)」事業を推進しています。その一環として2013年より長野県下高井郡木島平村と森林(もり)の里親契約を締結し、同村のカヤの平高原牧場内に“地球樹の森”を設立。未利用牧草地を元のブナの森に還す活動を展開しています。

  • ブナの原生林が広がるカヤの平高原

    長野県の北東部に位置する木島平村は、西に千曲川、東南北の三方を美しい山々に囲まれ、豊かな水に恵まれた「農の村」です。カヤの平高原は、木島平村の東に位置する標高1,350〜1,750mの高原。一帯は上信越高原国立公園に属する国有林で、広大なブナ原生林やシラカバ、ダケカンバなどが群生する美しい森林地帯となっています。カモシカ、ツキノワグマ、ニホンモモンガ、ヤマネなど多くの動物たちの生息地になっています。また、木島平村の水源の森としても人々の暮らしを支えています。

  • 地球樹の森づくり活動

    牧草地の周辺はブナ原生林が広がっていますが、自然のままの状態では森に還るまで長い年月がかかります。とくに牧草地は、地表に牧草の根が厚く堆積しているため、ブナの実が落ちて発芽しても、根が土壌まで届かず枯れてしまいます。 そこで、人の手によって林縁部の実生のブナ稚樹を掘り採り、重機を使ってベルト状に表土を剥ぎ取った植栽地に移植するというユニークな方法で森づくりを実施。伊藤忠建材では、木島平村と森林の里親契約を結んだ約2haの牧草地にブナの稚樹を植林し、元のブナの森に還す計画です。

  • 美しく雄大なカヤの平高原牧場

    昭和31年に木島平村は、カヤの平高原の約52haの国有林を国から借り受け、森林を開墾。夏の間の放牧地として利用していました。しかし、近年になり畜産を営む農家の減少や、牛の飼育法の変化などにより牧場の利用率が低下。未利用の牧草地が増えてしまいました。そこで村は、未利用牧草地の一部を森に戻し、国に返還することにしました。

地球樹の森づくり 第7回活動

2017年 活動レポート

実施日:2017年7月22日(土)・23日(日)

今年度は夏に植樹を実施。
ブナの森再生に向けて、心を込めて苗を植えてきました。

空気の澄んだ清々しい朝、2017年度の新入社員を中心に全員で掛け声とともに作業をスタートしました。専門の方からブナの生態や苗掘り採りについて教わり、教わったように作業を行うもうまくいかない人もチラホラ。なんとか全員で掘り採った1000本以上の苗を「地球樹の森」へ移植。まだ見た目には草原ですが、いずれここが美しいブナの森になることを願って作業を終了しました。 また今回はブナの稚樹をブナ玉にする作業にも挑戦。各自がつくったブナ玉は各々が持ち帰って育て、規定の大きさになったら地球樹の森に移植します。

かけ声と共に森づくりがスタート!

専門家からレクチャーを受け、ブナの苗を掘り採りました

掘り採った1000本以上の苗を地球樹の森へ移植しました

いまはまだ草原ですが、ここが美しいブナの森になります

今回も無事に森づくりを終えました

ブナ玉づくりに挑戦!「どの稚樹にしようかな?」

根の周りに保水力の高いケト土と赤玉土を混ぜたもので泥団子状に

ブナ玉の完成!

地球樹の森づくり 第7回活動

2017年 体験者の声

実施日:2017年7月22日(土)・23日(日)

  • この充実感と達成感は参加しないと絶対に分からないですね。

    2017年度地球樹プロジェクトリーダー
    新名 俊之
    今年度の地球樹プロジェクトリーダーとしての義務感もありましたが、日程的に都合が合ったのも偶然ではなく、これは「参加しなさい」ということだなと思い参加しました。かなり疲れましたが、作業を終えた時には、なんだか充実感と達成感に浸っていました。この感じは、本当に参加しないと絶対に分からないですね。一人でも多くの当社社員に参加していただき、色々なことを感じてほしいですね。
  • 大自然の恵みに感謝することを学んだ素敵な経験でした。

    首都圏営業部
    渡邉 光希
    木島平村は豊かな自然をたたえる素晴らしい場所でした。昼食で自家製野菜を満喫し、喉が乾いたらキンキンに冷えた天然の水を飲みました。これまで、地球樹の森には合計7400本のブナを植樹したと聞きました。そのうち私が植えたのは40本ちょっとでしたが、私にとっては大自然の恵みに感謝することを学んだ素敵な経験でした。地球樹プロジェクト最高です!
  • 昨年に続いて2度目の参加。ブナに対してさらに愛着を持つようになりました!

    近畿営業部
    堤 香織(写真左)

    開発営業部
    平井 菜緒(写真右)
    (堤)今回、昨年に続いて2度目の植樹活動への参加でした。ブナ玉の作成、持ち帰り、育成という初めての試みは、樹をより身近に感じることのできる貴重な経験となりました。水やりを怠って土が乾ききってしまうことが多い中でも小さなブナは今日もまっすぐ立ち続けてくれていて、見習うところが大きいなあという気持ちになります。

    (平井)自分たちで植えたブナの木をみたいという思いもあり昨年に引き続き2回目の植樹活動の参加をしました。前回にはなかったブナ玉作りはとても楽しく、日向が苦手で水のあげすぎも良くない等、ブナの育て方を学んでいくことで、ブナに対してさらに愛着を持つようになりました!

地球樹NEWS

2018.10.1ニュース
HPをリニューアルしました。